任意保険比較ガイド

任意保険 加入率

任意保険 加入率

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

では、任意保険には全国でどれくらいの人が
加入しているのか、データを見ていきます。

 

 

まず、全国には自動車はおよそ7900万台あります。
その中で対人賠償保険に加入している割合は73.3%
対物賠償保険に加入している割合も同じく73.3%です。

 

 

この2つの保険は、
基本セットになっているものなので
47都道府県の加入率を見てみてもほとんど同じです。

 

 

では、他の保険はどうでしょう。

 

 

搭乗者傷害保険が43.1%
車両保険が42.6%となっています。

 

 

こちらはオプションになってきますので、
半分くらいの方が加入しているという結果です。

 

 

正確には半分にも満たないという結果ですが、
正直少ないなと感じました。

 

 

対人賠償保険と対物賠償保険というのは
他人の被害を補償するものですが、
搭乗者傷害保険や車両保険に加入してないと
自分が事故を起こしてしまったとき、
自分の車に乗っている人や自分の車の損害は
補償されません

 

 

私が起こしてしまった事故の場合
搭乗者に怪我等はありませんでしたが、
車両保険に加入していなかった場合、
50万円実費で払わなければいけなかったという事になります。

 

 

それだけ軽度な事故でも
修理費はかなりかかってしまうんですよね。
加入しておけば過失に関わらず
保険金が支払われたりしますので、余裕がある方は
オプションも加入をお勧めします。

 

 

 

ちなみに加入率が高い、または低い都道府県
(対人賠償・対物賠償の加入率)は、

 

1位 大阪府  82.1%
2位 愛知県  80.8%
3位 京都府  78.8%
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
44位 高知県  57.5%
    宮崎県  57.5%
46位 島根県  55.5%
47位 沖縄県  52.3%

 

 

大阪の方はお金にシビアというイメージですが、
「使うところは明確」といったところでしょうか。

 

 

最下位の沖縄県は
ほぼ2台に1台しか加入してないという数値。
交通事故の発生率はそこまで低いわけでもないので、
大変な思いをする方が多いかもしれません。
平均より20%も低いですからね。

 

 

 

過失相殺のページに進む

 

 

 

任意保険 加入率このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ