任意保険比較ガイド

過失相殺

過失相殺

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

あまり聞きなれない言葉かもしれません、
「過失相殺」「かしつそうさい」と読みます。
交通事故が起きてしまった場合、過失相殺は
多く用いられているので、ここで解説します。

 

 

まず、交通事故は自分が被害者だとしても
車を動かしていれば過失が発生します

例えば自分に10%の過失があって、
相手の過失が90%の場合。
90%から10%を差し引いて賠償すること、
これが「過失相殺」です。
一言で言うと、
損害賠償額が過失によって減額される制度です。

 

 

では、具体的な数字を出して見ましょう。
Aさん過失が70%損害額は50万円
Bさん過失が30%損害額が100万円だとします。

 

 

Aさんは自分の損害額の70%(過失分)
(50万円×0.7=)35万円は自己負担。
Bさんの損害額の70%
(100万円×0.7=)70万円を支払わなくてはなりません。

 

 

Bさんは自分の損害額の30%(過失分)
(100万円×0.3=)30万円は自己負担
Aさんの損害額の30%
(50万円×0.3=)15万円を支払わなくてはなりません。

 

 

お互い相手に支払わなければならない
金額を差し引くと、
(70万円-15万円=55万円)
AさんはBさんに55万円の支払いをするということになります。
相殺払いと言います。)

 

 

よって、最終的にAさんは
-35万円(自己負担)-55万円(過失相殺)
90万円の負担ということになります。

 

 

Bさんは
-30万円(自己負担)-15万円(過失相殺)
45万円の負担ということになります。

 

 

こういう計算が出てくると面倒くさいですが、
このページの最初にも書いた通り、
被害者だからと言って
100%補償してもらえないケースも
多く存在するということを忘れてはいけません。

 

 

 

 

いくら相手が悪くても、自分にも過失が発生して
修理費がかかってしまうことを考えると、
任意保険に加入することは大事だなと考えさせられますね。

 

 

 

一括見積をしたことがありますか?
同じ条件なのに保険料が違う、意外と面白いです。
自動車保険 見積もり

 

 

 

ダイレクトと代理店のページに進む

 

 

 

過失相殺このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ