任意保険比較ガイド

慰謝料

慰謝料

 

スポンサードリンク

 

 

 

慰謝料って結構難しい問題なんですけど、
これはもし、請求するときになったら見ていただければと思います。

 

 

まず、慰謝料には
「後遺障害慰謝料」
「入通院慰謝料」の二つがあります。

 

 

後遺障害慰謝料とは、
かなり細かく分類されていて、
等級も1級から14級まで分かれています。

 

 

例えば、
1級の弁護士基準の慰謝料額は約3000万円、
14級の弁護士基準の慰謝料額は
約110万円となっています。

 

 

こちらの後遺障害慰謝料はほとんど揉める
ことがないので、問題はないかと思います。

 

 

 

問題になるのは、「入通院慰謝料」。

 

 

まず、交通事故の慰謝料の算出は、

 

自賠責の基準
任意保険の基準
裁判の基準

 

この3つの方法がありまして、
裁判の基準→任意保険の基準→自賠責の基準
とだんだん小さくなっていきます。

 

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

☆自賠責の基準による慰謝料の算出方法

 

自賠責保険では1日あたり\4200と決まっています。

 

 

算出方法は2通りありまして、
1.入院期間+通院期間
2.実通院日数×2

 

少ない方に4200円をかける

 

 

これが自賠責保険の算出方法となります。
しかし、自賠責基準は上限が120万円と決まっており
治療費や通院費、入通院慰謝料などの総支払い額が
120万円を超えない限り採用
されます。
総支払い額が120万円を超えた場合は
任意保険基準に基づき算出される

ということになります。

 

 

 

☆任意保険の基準による慰謝料の算出方法

 

この慰謝料の算出ですが、
それぞれ保険会社によって
独自の算定基準があるので
一概にこれといった数字は出せません。

 

 

ただし、任意保険の約定には
「法律上の損害賠償金を支払う」
と記載されていますので、
「裁判の基準」で請求してください。
最終的に任意保険の慰謝料は自賠責基準と
裁判基準の中間をとることが多いです。

 

 

 

☆裁判の基準による慰謝料の算出方法

 

日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する、
「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」
いわゆる赤本から算出されます。
これは一般発売もされています。

 

  


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15


  

53

101

145

184

217

244

266

284

297

306

314

321

328

334

340

1

28

77

122

162

199

228

252

274

291

303

311

318

325

332

336

342

2

52

98

139

177

210

236

260

281

297

308

315

322

329

334

338

344

3

73

115

154

188

218

244

267

287

302

312

319

326

331

336

340

346

4

90

130

165

196

226

251

273

292

306

316

323

328

333

338

342

348

5

105

141

173

204

233

257

278

296

310

320

325

330

335

340

344

350

6

116

149

181

211

239

262

282

300

314

322

327

332

337

342

346

7

124

157

188

217

244

266

286

304

316

324

329

334

339

344

8

132

164

194

222

248

270

290

306

318

326

331

336

341

9

139

170

199

226

252

274

292

308

320

328

333

338

10

145

175

203

230

256

276

294

310

322

330

335

11

150

179

207

234

258

278

296

312

324

332

12

154

183

211

236

260

280

298

314

326

13

158

187

213

238

262

282

300

316

14

162

189

215

240

264

284

302

15

164

191

217

242

266

286

 

例えば、
入院のみ5ヶ月だった場合は217万円、
通院のみ5ヶ月だった場合は105万円、
入院5ヶ月の後に通院3ヶ月となった場合は
244万円が基準ということになります。

 

 

もし5ヶ月と10日入院した場合の端数分の計算は、
6ヶ月目の入院慰謝料から
5ヶ月の慰謝料を差し引き、
これを30日で割りますので、
1日分の慰謝料 (244-217)÷30=0.9万円
10日分の慰謝料 0.9×10=9万円
5ヶ月+10日分の慰謝料
244+9=253万円となります。

 

 

ただし、裁判基準での請求は
それなりの根拠が必要になりますので
「裁判基準で支払いをしてください」と主張しても
そう簡単にはいかないのが現実
です。

 

 

請求する際には、無料で利用できる
交通事故紛争処理センターや
弁護士に依頼する
ことをオススメします。

 

 

こういう場合に弁護士費用特約がついていると便利ですね。

 

 

 

アクサダイレクトのページに進む

 

 

 

慰謝料このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ