任意保険比較ガイド

交通違反による点数制度

交通違反による点数制度

 

スポンサードリンク

 

 

 

任意保険とはちょっと話がそれているじゃないかと
思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
交通違反を犯してしまうと加害者は
いろんな責任を負わなければなりません。

 

 

その責任とは、主に3つあります。

 

 

民事上の責任
交通事故で他人に損害を与えてしまった場合、
損害賠償を負わなければなりません。
自賠責保険や任意保険から賠償金として
保険金が被害者に支払われます

 

 

行政上の責任
交通違反に対する責任です。
違反の点数に応じて免許の停止や取り消し、
反則金の納付などの行政処分が下されます

 

 

刑事上の責任
被害者にケガを負わせてしまったり
死亡をさせてしまった場合、
重大な交通違反を犯してしまった場合には
刑事上の責任を問われてしまいます。
罰金や禁固刑、懲役刑の刑事罰が科せられます

 

 

参考に、交通違反の点数一覧表
反則行為の種別及び反則金一覧表です。

 

 

 

では、交通事故で違反点数が加算される基準
はどこからでしょうか。

 

 

まず、物損事故の場合は
違反点数、反則金ともに科せられません

ただし、警察には必ず連絡してください。
任意保険を使うには警察から発行される
事故証明書が必要です。

 

 

では人身事故になってしまった場合ですが、
これは加点があります。
全治15日以内と判断された場合、
相手にも非があったなら2点、
相手に非がなかったなら3点など、
病院で診察を受けて警察に届けがあったら
加点される
ということになります。
もちろん、もっと大きな被害の場合は
加点される点数も大きいです。

 

 

ただし、怪我人が出ても
被害者が警察に診断書を提出しなければ
『物損事故』として扱われるので、
加点はありません

 

 

また、自動車とバイク、バイクと自転車など
基本的に大きい方の責任が重くなりますが、
例えばバイクが強引に進路を変更して自動車と接触し
バイクの運転者がケガをしてしまった場合、
自動車の運転手がいくら注意を払っていても
回避が困難だと判断されれば、
不起訴扱いとなることもあります

 

 

交通事故を起こしてしまった場合、被害者に対しての
賠償は保険会社が行ってくれますが、
事故の度合いによっては違反点数が加算されたり、
最悪懲役刑などを科せられる場合もありますので
任意保険に加入したからと言って安心せず、
安全運転を心がけるようにしてください。

 

 

 

ノンフリート等級とはのページに進む

 

 

 

交通違反による点数制度このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ