任意保険比較ガイド

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

 

スポンサードリンク

 

 

 

搭乗者傷害保険は、契約している運転手や
同乗者がケガなどをしたときの保険です。

 

 

人身傷害保険という
似ているものがありますが、
最初に区別をつけておきましょう。

 

 

搭乗者傷害保険とは、
事故の過失がどちらにあるかに関わらず、
搭乗しているすべての人が保険金支払いの対象
になります。
ただし、この保険はケガの部位や症状によって
保険金が決まっているので、限度があります。

 

 

人身傷害保険というのは、こちらも搭乗している
すべての人が保険金支払いの対象で、
搭乗者傷害保険で足りない分の治療費などを支払ってくれます

 

 

例えば、交通事故を起こしてしまって
自分がケガをしてしまったとしましょう。
かなり大きなケガになってしまって
入院をしなければいけなくなった場合、
搭乗者傷害保険ではケガの部位や症状で
決まった金額しか支払われませんが、
人身傷害保険というのは
契約している内容によって、治療費全額や
休業損害なども全て支払われます

 

 

尚、事故を起こされた場合に、
相手が任意保険に加入していなくて
支払いの能力がないといったケースにも
この二つの保険は使うことができますし、
使っても規定の要件さえ満たせば
等級が下がることはありません

 

 

 

では、人身傷害保険に加入していれば
搭乗者傷害保険はいらないじゃないか

と思う方もいるかもしれません。

 

 

それは正しい考えで、
搭乗者傷害保険と人身傷害保険、
両方契約すると二重になってしまうし、
保険料も安くなるので搭乗者傷害保険は
最初から付帯していないという
保険会社が増えてきているようです。

 

 

ただ、搭乗者傷害保険と人身傷害保険のセットを
パターン化して選べるという保険会社もあるので、
確認が必要かと思います。

 

 

 

では最後に、搭乗者傷害保険に加入する
メリットを紹介します。

 

 

搭乗者傷害保険は事故に遭遇して
ケガをしてしまったときということなので、
使うことになる人はごくまれだろうし、
支払いに限度があるということなので
積極的に付帯したくはないなぁと思う方も
多いかもしれません。

 

 

しかし、ドアに指を挟んでケガをしてしまった、
こんな時にもこの保険は使えますし、
ケガの部位や症状が確定した段階で保険金が
支払われるので、スピーディで安心です。

 

 

搭乗中にケガをしてしまった場合などに、
この保険は積極的に使えるもの
だぞ
という認識を持っていてもらいたいのと、
さほど高いものではありません。
コストを抑えたいので人身傷害保険は厳しい
というのであれば、搭乗者傷害保険だけでも
加入をしておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

車両保険のページに進む

 

 

 

搭乗者傷害保険このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ