任意保険比較ガイド

対人賠償・対物賠償

対人賠償・対物賠償

 

スポンサードリンク

 

 

 

任意保険で一番ベーシックな
対人賠償と対物賠償。

 

 

 

 

自賠責保険(強制保険)
万が一死亡事故を起こしてしまった場合に
支払ってくれる上限が3000万円と決まっています。

 

 

それを超えた分は対人賠償保険から
支払ってくれるという事になりますが、
最近では賠償金が1億円を超える
判決が下されることも多くなっていますし、
高いもので3億円を超える事例もありますので
対人賠償保険は必ず無制限での加入を。

 

 

あまりこんなことを言ってはいけませんが、
逆に言うと、無制限で加入をしておけば
死亡事故を起こしてしまった場合でも、
一切自己負担はしなくて良い
という事になります。

 

 

対物賠償保険はどうでしょうか。

 

 

こちらは事故を起こしてしまった時の
他人の車の補償はもちろん、
建物やガードレールに電柱など、「他人の財物」に
損害を与えてしまった時に補償される保険です。

 

 

これはあくまで
他人の財物に損害を与えてしまった場合なので、
家族の車に誤ってぶつけてしまった場合、
補償を受けることはできません。

 

 

また、今する人はいないと思いますが、
飲酒運転で損害を与えてしまった場合、
これも保険は支払われます。
(車両保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険など、
自分側への保険金は支払われません。)

 

 

意外とこの対物保険の補償される範囲は広いですね。

 

 

自賠責保険は対人のみの補償
他人の財物は補償してくれませんので、
対物賠償保険で補償してもらうしかないということになります。

 

 

さらに何千万や億単位での損害額が
発生する場合もありますので、
こちらも無制限での加入をお勧めします。

 

 

 

搭乗者傷害保険のページに進む

 

 

 

対人賠償・対物賠償このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ