任意保険比較ガイド

ノンフリート等級とは

ノンフリート等級とは

 

スポンサードリンク

 

 

 

自動車保険の中に
「ノンフリート等級」
という用語が出てきます。

 

 

これは任意保険の割引率に関わるもので、
無事故を続けるいわゆる優良ドライバーは
保険料を安く、逆に事故を起こしてしまった
ドライバーの保険料は高くするというシステムです。

 

 

任意保険を契約してる方は、
保険料に関係するものなので
ほとんどの方がご存知だと思いますが、
「等級」と一般的に言われていますね。

 

 

ちなみに、ノンフリートとは10台未満の
契約のことですね。

 

 

この等級は1等級から20等級まであり、
初めは6等級からスタートし、
1年間無事故だった場合は
1等級ずつ上がって
いきます。

 

 

 

逆に保険を使う事故を起こしてしまうと
3等級下がって
しまい、
保険料も上がってしまいます。

 

 

等級の早見表です。

 

 

2013年10月改定

等級

保険料割引率(%)
(無事故等級)

保険料割引率(%)
(事故有等級)

20

-63

-44

19

-59

-42

18

-58

-40

17

-55

-38

16

-55

-36

15

-50

-33

14

-50

-31

13

-47

-29

12

-46

-27

11

-45

-25

10

-42

-23

9

-40

-22

8

-40

-21

7

-27

-20

6

-19

-19

5

-13

-13

4

-2

-2

3

+12

+12

2

+28

+28

1

+64

+64


※等級の割引率は保険会社により異なります。

 

また、保険会社を乗り換えても
この等級は引き継がれます

 

 

2013年10月にノンフリート等級の制度が改定となり、
事故を起こしてしまった場合、
等級が3段階ダウン+翌年から3年間は
「事故有等級」での割引率
になります。
(保険事故から3年間の間に
また保険事故を起こしてしまった場合は、
さらに3等級ダウン+事故有等級の割引率が
3年間延長になります。)

 

 

例えば15等級で保険事故を起こした場合。
翌年は12等級にダウンして、
今までは割引率が46%だったのが
改定後なので23%ということになります。
その後保険事故がなければ次の年は29%、
さらに次の年は31%の割引率、
そして3年経過後の4年目には
無事故等級に戻りますので50%の割引率になります。

 

 

 

そもそも3等級下がるのに、
さらにペナルティがつくのはなぜなのでしょうか。

 

 

 

 

ある保険会社では、
「事故あり契約者の保険料の一部を
事故なし契約者が負担しており、
保険料負担に不公平が生じています。
契約者の公平性を確保するため同じ等級であっても、
事故の有無に応じて保険料の
割増引きを区別するよう改定を行います。」

と謳っていますが、

 

結局いくら事故が増えていくら給付金が増えても、
払うのは保険会社です。
事故なし契約者の保険料が
上がるわけではありません。

 

 

簡単に言いますと、
高齢社会で高齢者の事故増加、
若者の自動車離れによる保険会社の
赤字を緩和するため
という解釈で良いと思います。

 

 

 

保険料が安くするためには、
いかに無事故を続けるのかが大事かということが
分かっていただけたと思います。

 

 

事故を起こすとペナルティが大きいかもしれませんが
もしかしたら何千万、何億という損害賠償が
発生してしまう可能性もありますので、
もし事故を起こして保険料が
上がってしまったとしても、前向きに捉えましょう。

 

 

 

事故に遭遇する確率のページに進む

 

 

 

ノンフリート等級とはこのページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ