任意保険用語

任意保険 用語解説

任意保険 用語解説

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ここでは、任意保険でよく目にする用語を簡単に解説していきます。
後で詳しく解説しているものもありますが、
ここで先に予習をしておきましょう。

 

 

 

 

自賠責保険
正式名称は「自動車損害賠償責任保険」。
自動車を保有している人に対して法律で
加入が義務付けられている強制保険
自賠責保険に加入していない自動車を運転した場合、
1年以下の懲役または50万円以下の罰金、
さらに道交法の規定で違反点数6点。

 

 

 

任意保険
自賠責保険だけでは損害賠償額を満たせない場合に、
それを補うための保険
です。
任意保険に加入しておくことは
自動車保有者の常識です。

 

 

 

対人賠償保険
交通事故で他人をケガさせてしまったり
死亡させた時
の損害賠償に関する保険。

 

 

 

対物賠償保険
交通事故で他人の自動車やガードレール、
住宅などの建築物に損害を与えてしまった時

の損害賠償に関する保険。

 

 

 

車両保険
交通事故による
自分の自動車の損害を補償してくれる
保険。
契約時に保険金額と免責額(自己負担額)を
設定することになっています。

 

 

 

搭乗者傷害保険
事故の過失がどちら側にあるかに関わらず
保険契約している
自動車に乗っているドライバーや
同乗者すべてが対象
で、死亡や後遺症、
ケガなどの損害に対して補償してくれます。

 

 

 

人身損害補償保険
補償の対象となる人(保険加入者やその家族など)
が自動車に搭乗しているときや、
歩行中に事故で死傷したときに
保険金が支払われる保険
です。
搭乗者傷害保険と似ていますが、
こちらの方が範囲が広く、設定が可能な保険です。

 

 

 

自損事故保険
相手のいない単独事故や
100%自分に過失がある事故
で、
ドライバーや同乗者が死亡したり
ケガをしたときに補償してくれます。
ほとんどが対人賠償保険に自動付帯されています。

 

 

 

無保険車傷害保険
加害者が任意保険に加入していない上、資金力がなく
損害賠償金を受け取ることができない場合、
対人賠償額と同額の保険金
自分が加入している任意保険から受け取る
ことができます。

 

 

 

ノンフリート契約
一つの契約で10台以上の自動車が保険に加入する
自動車保険契約をフリート契約と言い、
9台以下をノンフリート契約と言います。
この用語は特に覚える必要はないかもしれません。
一般の方はノンフリート契約になります。

 

 

 

ミニフリート契約
1つの保険証券で3台以上をまとめて
契約することによって割安にできるものです。
しかし、保険の開始日を
3台まとめて同じにしないといけなかったり、
保険契約者の配偶者や同居の親族でなければ
いけなかったりと条件があるので、
ノンフリート契約がほとんどです。

 

 

 

自賠責保険のページに進む

 

 

 

任意保険 用語解説このページの最初に戻る
任意保険比較TOPページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ